ネットワークカメラとは

監視カメラ設置不審者や、空き巣、車や自転車の盗難などの犯罪対策として注目されている監視カメラ。犯罪に遭ったとき、犯人逮捕の決め手になるだけでなく、犯罪を防ぐためにも、オフィスや店舗だけでなく、一般家庭にも設置されることが多くなっています。特に最近人気なのは遠隔監視ができる監視カメラ。監視カメラの映像を遠隔地から確認したり、監視カメラの方向や倍率などを操作したりできるカメラシステムです。遠隔監視システムは、インターネットを使うため、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットで録画映像を見ることもできます。そのため、店舗や事務所での従業員マネージメント、駐車場などの効率誘導などの業務用途から、遠くに住む高齢家族や留守宅にいるペットの見守りなどのパーソナルな用途まで、活用法が広がっているのです。

遠隔監視のためには、監視カメラのレコーダーにLANケーブルでルーターなどのネットワーク機器を接続する必要があります。設定や配線などに少し手間がかかっていたのですが、これを簡単にしてくれるネットワークカメラが登場しました。IPカメラとも呼ばれ、カメラ自体がIPアドレスを持ち、直接ルーターに接続するだけで、遠隔監視ができます。カメラにSDカードなどの記憶媒体を挿入できるタイプもあり、レコーダーがなくても映像を保存することができます。最近では、Wi-Fiで接続できる無線カメラや、メール送信機能を持つ機種も手に入りやすくなってきました。

このサイトでは、ネットワークカメラのメリットやデメリットを知って、自分の目的にあったネットワークカメラを選ぶポイントをご紹介します。